WordPress

WordPressテーマ「JIN」を簡単に高速化する方法

jin高速化方法

こんにちは、アカゲ丸です。

今回は、WordPressテーマ「JIN」のサイト表示スピードの高速化についてお話したいと思います。

検証環境

  • ロリポップ(レンタルサーバー)
  • WordPressテーマ「JIN」を導入済み

手順1: サイトの表示スピードを計測してみる

私は、Google PageSpeed Insights と GTmetrix この2つを使用して計測しました。

Google PageSpeed Insightsで計測する

GTmetrixで計測する

手順2: JINのアニメーションをオフにする

サイト表示時のアニメーションはサイトを重くする原因の1つになるので、オフにすることをおすすめします。

外観 > カスタマイズ > サイト基本設定 > アニメーション機能の項目をオフにする

手順3: font-awesome の読み込みをオフ

デフォルトでfont-awesomeというWebアイコンフォントというものを読み込む仕様になっていますので、こちらもオフにします。

私の環境では、こちらをオフにしたことによりかなり高速化しました。

外観 > カスタマイズ > その他設定 > fontawesome を読み込まない にチェック

手順4: プラグインを入れて高速化

サイト表示高速化のために下記のプラグインを導入しました。

必要に応じて導入してみてください。

  1. Autotimize
    サイトのHTML・CSS・JavaScriptを縮小してくれるプラグイン
  2. EWWW Image Optimizer
    サイトにアップされている画像の最適化を行ってくれるプラグイン
  3. WP Fastest Cache
    サイトをキャッシュしてくれるプラグイン
    ※ こちらのプラグインは相性等がありますので、サイトのバックアップを取ってから導入することをおすすめします。

手順5: コンテンツキャッシュの有効化(ロリポップの場合)

使用しているサーバーがロリポップの場合ですが、「コンテンツキャッシュ」という機能がありますので、こちらも有効にします。

手順6: 再度、サイトの速度を計測する

これまでの手順を実行してみて、効果があったか最後に計測します。

Google PageSpeed Insightsで計測する

GTmetrixで計測する

効果がなかった場合

効果がなかった場合は、契約しているサーバーの性能があまり良くない場合があります。

もし、改善されない場合はレンタルサーバーの引っ越しを検討してみるのもいいと思います。

WordPressが動くおすすめのレンタルサーバーは、他の記事で紹介しているので、そちらも読んでいただけると嬉しいです。

WordPressブログ作成におすすめのレンタルサーバー
【2019年版】WordPressブログの作成におすすめな有料レンタルサーバーWordPressのブログの作成におすすめなレンタルサーバをご紹介します。「コスパ・安定性・高速」の揃えたサーバーが見つかるかも。...

 

 

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です