技術

Slackで自分のステータスを簡単に変更できるアプリを作った

slack-ui

Slackでステータス活用していますか。

社内のフロントエンドチームでChatWorkからSlackへ移行を行おうとしているのですが、なかなかSlackのステータス機能を使用している人がいません。

すべての人が同じ所にいるとは限らない

会社のすべての人が同じ社内にいれば、このステータス機能は不要です。しかし、そうでないのが会社です。ある人は会議に出席。ある人は営業のため外出。すべての人のスケジュールをいくらGoogle カレンダーがあるとはいえ、把握できないのが現状です。

そこでこのアプリ

社内でSlackを使用しているならこのアプリで簡単に自分のステータスを変更できます。(1秒もかからないので面倒とも言わせないw)

使用した言語

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript
  • Electron(クロスプラットフォームデスクトップアプリケーションエンジン)

HTMLとCSS,JavaScriptと使用した理由としては、使い慣れている言語だから。

Electronを使用した理由は、簡単にクロスプラットフォームアプリを作りたかったから

シンプルなUI

slack-ui
  • 席にいます
  • 離席中
  • 外出中

とりあえず、この3つ。これさえあれば十分だと思う。

自分のトークンも簡単に

Slack APIを使用するために自分のトークンが必要ですが、そちらを環境設定から入力・保存が可能です。

(この画面実装が苦労したw)

slack-token

この環境設定画面は

https://github.com/yujilow1220/electron-preference

上記の方のを使用させて頂きました。ありがとうございます。

おわり

気になる方、ダウンロードして使用してみたいかたははGithubに公開しているのでお試しあれ

https://github.com/yuta-nihei/slack-status-app/releases

Mac版はリリースしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA