映画

フラーハウス シーズン3を見た感想

フラーハウス

「フルハウス」といえば、私は放送をリアルタイムで見ることは無かったのですが、NHKの19時からの再放送を楽しみに小学生生活を送っていました。よくDVDにダビングして休日とか暇な時に見るほど大好きでした。

フルハウスのいいところ

何と言っても笑える所と家族愛を感じる所でしょうか。フルハウスは楽しい回・悲しい回があるけど、それを家族と友達のチカラで乗り越えてゆくというところが、子供ながら感動していたり。

フラーハウスとは

本題に入りますが、「フラーハウス」とは「フルハウス」の子供キャスト(DJ・ステファニー・キミー)などが大人になり、昔住んでいた家に暮らすというのが「フラーハウス」です。

見どころ

フルハウスで出演していたキャストの現在の姿を見れるところが私にとっての一番の見どころでした。「こんなに大きくなったのか!?(色んな意味)」「歳とったなぁ」とか様々。

その他にも、相変わらずの家族愛と友情で問題を解決していきます。新たにキャストが追加されているのも見どころですね。それぞれのキャラクターが強烈なのです。

シーズン3のいいところ

シーズン1とシーズン2を見てきたのですが、シーズン3でDJとスティーブの恋愛がひっくり返ります。これは一番の驚きでした。今までのシリーズでは「なんでこいつらくっつかないんや」と思っていたのですが、日本でついにひっくり返ります。

ステファニーの良い知らせなどもあり、おすすめです。

今後に

ミシェルにも出演してほしい。シーズン3ではミシェルの出演しないイジりが無くなったので・・・本当に出演はないと思うのですが、やっぱりミシェルに出演してほしいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です