ブログ

私がGitHubのPro会員をやめた理由

私がGitHubのPro会員をやめた理由

こんにちは、アカゲ丸 @AKAGEMARU です。

今回は、私がGitHubのPro会員をやめた理由を書いていきたいと思います。

GitHubのProになってた理由

GitHubは、ソフトウェア開発のプラットフォームであり、ソースコードをホスティングする。コードのバージョン管理システムにはGitを使用する。

Wikipedia

私もサイトのデータをバージョン管理しようとGitHubを使用しました。

以前のGitHubではプライベートリポジトリ(非公開のプロジェクト)を作成するのに上限がありました。

上限があるとかなりきついので、GitHubのProを契約してました。

ちなみにGitHubのProは月に795円(税込み)もかかっていました。結構お高いです。

私がGitHubのPro会員をやめた理由

GitHubが1月7日に発表したのが、新料金プラン無料ユーザーでもプライベートリポジトリが無制限に作成できるという発表でした。

あれー?無料でいいじゃん

そう思ってしまいました。Proのステータスがほしいわけでも無いし、月額795円は厳しいなと思っていたので、即無料プランにダウングレードしました。

GitHubを有料プランから無料プランへダウングレードする方法

上記の方のブログ記事を読んでいたらあっさり変更することができました。

クレジットカード決済が海外使用扱いになるので、きちんと打ち切りされるか心配でしたが、翌月から請求は来ませんでした

私にProはでかすぎた

半年ほどGitHubのPro会員になっていたのですが、私にはでかすぎました

料金面でもステータス的にも。

仕事でも少し使っていましたが、プライベートのサイトなどでしか使わなかったので、僕には無料ユーザーがぴったりだなと感じました。

無料だから全てがいいわけではなく、Proになるメリットもたくさんあると思います。

私に、無料ユーザーという選択肢をくれたGitHubにはすごく感謝しています。(お財布も)

もし、まだ有料会員でGitHubでプライベートリポジトリなどしか使わない方がいましたら、無料ユーザーになることも検討してみるのもいいと思います。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です